『Fungry』

~○×パーティーは世界を救う🌏~

初対面の人とでも話せる!雑談をマスターして、人見知りを克服しよう。

 

おはこんばんわ、ゆずちゃだよ☺

 

春といえば、出会いの季節ですね!

新学期を迎えたり、新しい環境に身をおくことがおおくなってきて、新しい友達が増えてくにつれて苦痛になってきてる人いませんか?

 

話すのが苦手…』、『沈黙になっちゃった…』とか!

今回は、ゆずちゃが初対面の人と話す時に意識していることを紹介します。

 

 

雑談の目的とは

 

f:id:yuzutea2525:20180418212833p:plain

みなさんは、初対面の人と話すときに意識することはありますか?

ゆずちゃの雑談の目的は、相手と自分のどこが似通っているかを探ります!

例えば、出身地、趣味、好きな食べ物とか!とにかく相手に同意をしてあげることが大切です。

 

初対面の人に否定のことばっかり言われたら、『あ…この人無理…。』ってなりますよね?ウソをつけとは言いませんが、相手との共通項を探しましょう!

 

具体例を出しましょう。

自分「お米とパン、どちらが好きですか?」

相手「お米派です!」

自分「私も、お米大好きです!和食が好きなんですか?」

相手「はい、焼き魚が好きで」

 

このような感じで話を広げていきましょう!

最初は抽象的な話でいいんです。初対面の人に根掘り葉掘り聞かれたら警戒してしまう人もいるので、最初はふんわりとした質問をなげてみましょう。

 

続いて、雑談のコツを紹介します。

 

 雑談のコツ

 

f:id:yuzutea2525:20180421160700p:plain

 

雑談の目的を理解したところで、雑談のコツを紹介します。

それは、相手への返答に1文付け加えましょう!

 

いま、頭の中がはてなでいっぱいの方のために、説明しますね。

相手への返答に1文付け加えるということは、「ただの返事で会話を終わらせない」ということです。例えば、相手の返事が「そうですね。」で終わったとして、次に返す返答に困った経験はありませんか。

しかも、それは初対面であればあるほど困ってしまうものです。

 

具体例を出します。

 

自分「こんにちは、今日寒いですね」

相手「そうですね」

 

こんなかんじですね。「そうですね」の返答はないんですよ。つまり、ここで会話は終了なんです。ここでさっきのコツである1文付け加えるが役に立つんです。

さっきの会話で改善をするとなると…。

 

自分「こんにちは、今日寒いですね」

相手「そうですね、明日は今日よりもっと寒いみたいですよ」

みたいに次の会話に繋がるように返しましょう。これだけでかなり違います。

 

まとめ

 

f:id:yuzutea2525:20180418212319p:plain

 

いかがでしたでしょうか。

雑談って目的を理解していないと、なかなか話が上手い人や聞き上手の方でも苦手意識を持ってる方っておおいんですよね。

 

ぜひ、相手と自分の共通項を見つける目的で雑談をしてみたら、もしかしたら今までよりもスムーズに人と仲良くなれたりするかもしれないですね!

 

それでは、ばいちゃ!